51985809

済美は1年間対外試合禁止 部内いじめ、来夏の甲子園も
アウト

日本学生野球協会は9日、東京都内で高校の不祥事への処分を決める審査室会議を開き、上級生による下級生への悪質な部内いじめがあった済美高(愛媛)に1年間の対外試合禁止処分を科した。来年夏の甲子園大会出場は絶望となった。済美高は春夏の甲子園大会に通算6度出場し、春は優勝、夏は準優勝の実績がある強豪。

 同校野球部では8月初旬、カメムシを食べるよう指示されたり、灯油を飲まされそうになったりした1年生がいたことが発覚した。部は活動を自粛し、秋季愛媛大会への参加を辞退した。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140909/bbl14090916100002-n1.htm 



甲子園断たれて涙 部内いじめの済美高

1年間の対外試合禁止処分を受けた済美高(松山市)では放課後、野沢善浩校長が野球部の全部員約60人を集め、口頭で処分内容を説明した。永井康博教頭によると、来年の甲子園大会の出場が断たれ、2年生を中心に涙を流した部員もいた。

 部内いじめ発覚後の活動自粛から約1カ月が経過し、練習再開のめどは立っていない。2日に病死した上甲正典監督の後任も未定という。

 永井教頭は「この先に不安を持っている生徒がいるのは事実。自暴自棄になったりするのが心配で、(部内いじめの)被害を受けた子以外にも心のケアをしないといけない」と話した。当面はスクールカウンセラーが対応する。
 http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140909/bbl14090919300006-n1.htm



続きを読む