タグ:捕手

    AS20150219004149_commL

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:03:44.94 ID:MT7KJP5B0.net
    楽天の銀次内野手(26)と岡島豪郎外野手(25)が19日、沖縄・金武でブルペンに入って投手の球を受け、二塁送球の練習も行った。

     横山の球を受けた銀次は「5、6年ぶりかな。ミットは嶋さんから借りて、防具は裏方さんのです。試合になるともっと速くなりますからね。難しいけど、思ったよりは捕れました」と話した。

     昨年は1試合捕手として出場したこともある、辛島の球を受けた岡島は「僕たちが出ることになったらダメですけど、もしものためです。楽しかった。道具はシーズン中も常に持っています」と話した。

     大久保監督は「リスクマネジメントだね。捕手2人制の場合は、捕手ができる野手を作っておこくとが大事。2人とも元捕手だけど、ブランクを縮めておくことが必要。練習試合のうちに2人とも1回ずつは守ってもらいたい」と説明した。
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000063-nksports-base



    続きを読む

      images

      1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/15(土) 13:25:12.93 ID:TVZYAfA0r.net

      2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/15(土) 13:25:42.75 ID:TVZYAfA0r.net
      楽天の倉敷秋季キャンプに参加中のテスト生、アレジャンドロ・セゴビア捕手(24)=レイズ2A=が、12日の紅白戦でマスクをかぶり、球団初の外国人捕手誕生へアピールする。

       ベネズエラ出身のセゴビアは181センチ、85キロの体格で、遠投100メートルを超える強肩と強打が売り。
      一塁を守ることが多く、捕手での試合出場は昨春以来、約2年ぶりというが「合流してからの2日間、ブルペンで投手の球も受けてきた。(紅白戦出場に)とても興奮している」と意気込んだ。


      3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/15(土) 13:26:18.91 ID:TVZYAfA0r.net
       言葉の壁はあるが、投手とのコミュニケーションは「日本語をしゃべれない分、ジェスチャーを使いたい」。
      大久保監督は「俺も1Aの時(86年に米国に野球留学)、店で『テイクアウト』という英語も知らなかったのに、捕手で何とかなった。サインもあるからね」と問題視していない。
      「セゴちゃんは面白いよ。肩が強いし」と紅白戦を楽しみにしていた。捕手が5人しかいないチームの救世主となるか。(竹内 竜也)


      続きを読む

            ↑このページのトップヘ

            Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...